骨盤とカラダの関係

骨盤がカラダの各部に及ぼしている影響は、あなたが想像している以上に大きいです。

骨盤矯正あなたの骨盤は、あなたがカラダを前後・左右にバランスよく使えればズレや歪みは生じません。

しかし、日常生活やスポーツなどで前後や左右に偏った動きをすることによって、カラダ全体のバランスは崩れ、骨盤がズレたり歪んだりしてしまうのです。

偏った動きを繰り返すことによって、正しくない動きが繰り返されることによって、悪い動きが定着してしまうと骨盤のズレや歪みが定着してしまいます。

とは言っても、カラダを各方向にバランスよく均等に使いこなせる人はいません。
(いるかもしれませんが、そういった人たちは例外といえるでしょう。)

つまり、どんなに姿勢のよいと思われる人でも、左右が完全に均等な骨盤をしている人はほぼ存在しないといえるでしょう。

骨盤がズレていたり歪んでいたりするのは当然といえば当然なのです。

もっとも、ズレや歪みというとイメージが悪いかもしれませんが、人間はカラダを歪ませることによって複雑な動きをすることができます。

歪みは、カラダのバランスをキープするためには必要なものではあるのです。

ただ、そのズレ具合や歪み具合がカラダに痛みや害を及ぼしてしまっているとしたら・・・。

それはあなたにとって非常に大きな問題です。

カラダを支える土台である骨盤が過度に歪んでくると、連動して骨格が歪んできます。

筋肉は骨に付着していますので、骨格が歪んでくると骨に付着している筋肉のバランスが崩れます。そうすると、使われすぎる筋肉と使われない筋肉が生まれます。

 

みんなの整骨院使われすぎる筋肉はオーバーユースで機能が低下したり、過緊張で骨を過度に引っ張り、それが骨格をさらに歪める原因となります。

また、使われない筋肉は徐々に筋力が低下し、筋肉の拮抗バランスが崩れ、正しい方向に関節を使うことの妨げになったりします。

 

そのような結果、ますます骨格を歪めることになってしまいます。


たとえば下半身について考えてみますと、骨盤のズレが原因で股関節を正しく使えていない人は、股関節の動きをカバーするために膝を酷使するようになります。

当然、膝の負担は大きくなります。

同様に、膝を正しく使えていない人は、膝の動きをカバーするために足首を酷使するようになります。もちろん足首の負担は大きくなります。

このように、骨盤→股関節→膝→足首と人間のカラダは連動しています。

これは上半身にしても同じことで、骨盤は土台として背骨を支えています。

その土台の形が崩れているとしたらどうなるでしょうか?

あなたの首が痛むのは骨盤がズレて骨格が歪んでいるからかもしれませんし、
あなたが肩を挙げられないのも骨盤の歪みが骨格を歪めているからかもしれません。

骨盤はカラダの中心といえる部分です。

骨盤がカラダの各部に及ぼしている影響は、あなたが想像している以上に大きいのです。

あなたの股関節が痛むのは、あなたの肩が挙がらないのは骨盤のズレや歪みが骨格を歪めてしまっていることが原因かもしれません。

「木を見て森を見ない」ということばがありますが、痛いところだけにこだわってしまうと痛みや不調の本当の原因にたどり着けないかもしれません。

みんなの整骨院のハイブリッド無痛整体で、
あなたの骨盤のズレと歪みを
チェックしてみませんか?

down_banner